キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 故人の持ち物を整理する遺品整理の基礎知識 : 遺品整理を考えてみよう!

故人の持ち物を整理する遺品整理の基礎知識

遺品整理を考えてみよう!のmainimg

新着記事

遺品整理をしたあとはお炊きあげ供養をして気持ちを穏やかに

遺品整理する場合には、ご遺族側に遺品・形見分けとしてお渡しする物品とそうではない物品に区分します。

遺品整理と呼ばれる高齢化社会で生まれた新サービスとは何?

遺品整理が生まれた背景はどのようなものなのでしょうか。時代と共に移り変わる家族のカタチとは。

故人の持ち物を整理する遺品整理の基礎知識

人間は誰でも死にます。

あまり現実的に考えたくはない話ですが、いずれ誰もが経験することです。

もしも、あなたが突然命を落としたことを考えてみましょう。

普段から使っている生活物品はどうなるのでしょうか?今回は【故人の持ち物を整理する遺品整理の基礎知識】をご紹介しています。

★遺品整理とは

故人が生前に使っていた品物・生活用品を必要に応じて仕分け・整理することを言います。

簡単に言えば、故人が生きていた証明として残しておきたい形見分けと、最終的には廃棄処分にするゴミにするかを分けることです。

このように書きますと、とても簡単で問題がない作業に思われるかもしれません。

ですがこの仕分け作業はなかなかやっかいです。

★遺族にとっては故人の思い入れが強いこともあります。

処分するという気持ちになかなかなりません。

だからといって故人の生活用品を全てとっておくのは現実的ではありません。

骨とう品・美術品・家電製品・食器棚・家具など、どうしても保管しておきたい物品以外は処分してゴミ処理場やゴミ処分場で廃棄します。

これらの作業を遺族側だけで行うのは難しいケースもあります。

そのような場合はプロの遺品整理業者など第三者に依頼するといいでしょう。

このようなことをできるだけしないように最近は「生前整理」も注目されています。

身の回りのものを少しずつ整理しておくのです。

遺族に残す遺品を自分で決めてエンディングノートにまとめておくと遺族の気持ちも軽くなります。

また、最近では孤独死もよく耳にします。

■記事ピックアップ・・・http://toyokeizai.net/articles/-/31635