キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 遺品整理を考えてみよう!

遺品整理をする場合に事前にチェックしておきたい項目

遺品整理を考えてみよう!のmainimg

新着記事

遺品整理をしたあとはお炊きあげ供養をして気持ちを穏やかに

遺品整理する場合には、ご遺族側に遺品・形見分けとしてお渡しする物品とそうではない物品に区分します。

遺品整理と呼ばれる高齢化社会で生まれた新サービスとは何?

遺品整理が生まれた背景はどのようなものなのでしょうか。時代と共に移り変わる家族のカタチとは。

遺品整理をする場合に事前にチェックしておきたい項目

ご家族が死亡して同居していなければ、生活家財・生活用品・物品全体を仕分けをしなければなりません。

同居している場合は家具・骨とう品・美術品・電化製品をすぐに処分をすることはありません。

じっくりと仕分けをすればいいのです。

ですが、賃貸物件に一人暮らしをしている場合は、すぐに遺品整理をしないと家賃が無駄になります。

そこで、プロの遺品整理業者を利用することになります。

まずは見積もりを依頼すると思います。

今回は【遺品整理をする場合に事前にチェックしておきたい項目】についてご紹介しましょう。

★無料見積もりをしてもらう当日に準備しておきたいこと

依頼したい内容や遺品への気持ち・思い入れを担当者に伝えるようにしておきましょう。

遺族の気持ちに寄り添ってくれて遺品整理をしてくれるかどうかを見極めましょう。

大手の業者の場合は、見積もり担当と実際の作業担当が別れていることもあります。

ちょうど引越し業者みたいな感じです。

見積もりをした担当者が当日訪問するかどうかも確認しましょう。

分担制になっているならば、引き継ぎがきちんとできるかを念押ししましょう。

優良な業者ならば連携体制もちゃんとできているはずです。

心配ならば、見積もりも作業も同じスタッフが担当する業者を選びましょう。

例えば遺品整理ネクストという業者は現場責任者が見積もりを行っています。

見積もり時の説明やこちら側からの相談を聞いたスタッフが現場責任者であれば連携のモレという不安は解消できますね。

また、見積もりの際は支払い方法や料金やサービス内容の説明をキチンと受けて、疑問点・不明点があれば遠慮なく質問しておきましょう。

追加料金が発生するようなケースについても確認しておくといいでしょう。